インプラント

implant

アイコン

インプラント

インプラント治療とは、チタン製のインプラント(人工歯根)を埋込み、
その上にセラミックなどでできた人工歯を取り付ける治療法です。
顎の骨に人工の歯を固定するので、天然歯に近く自然な仕上が特長です。

インプラントの特長


インプラント治療とは、歯を失った箇所にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工歯を取り付ける治療法です。

ブリッジや入れ歯とは異なり、硬いものをしっかりと噛むことができるので、天然歯のような咀嚼力(噛む力)を再現することができます。また、外見も天然歯のようにとても自然に仕上がるので、審美性に優れています。

インプラントイラスト

インプラント治療の流れ

1 カウンセリング

インプラント治療は外科手術を伴うため、患者さまの疑問や不安を解消し、安心して治療を受けてもらえるよう、カウンセリングを行います。

2 検査・診断・治療計画の策定

レントゲン撮影や口腔内写真撮影を行い、治療計画を策定していきます。

3 精密検査

全身の健康状態の把握、CT撮影により、より精密な検査を行います。

4 手術前の準備

機械を使って歯垢や歯石を取除き、口腔内を清潔にします。手術に関する注意点をご説明します。

5 手術

インプラントの手術は1回法と2回法の2種類があります。
2回法:1次手術で歯肉を切開、インプラントを埋め込んだ後に、再び歯肉を縫合し、2~6か月の治癒機関を設けます。この間にインプラントと顎の骨が一体化し、2次手術で再び歯肉を切開しインプラントにアパットメント、人口歯を取付けます。
1回法:歯肉を切開する手術を1回しか行わず、インプラントとアパットメントを1度の手術で取付けます。

6 人工歯の製作と装着

手術では仮歯を装着し咬み合わせや装着感を確認します。問題がなければ最終的な人口歯を製作し取付けます。

7 メンテナンス

インプラント手術後は定期的な受診による口腔内の衛生管理を行っていきます。

当院で取扱っているインプラントについて

当院で取扱っているインプラントは、スウェーデンの『アストラテック社』のものです。
同社のインプラントは純チタン製なので人体になじみやすく、非常に安定した性質を持っています。他社製のインプラントの場合、埋め込んだ後、その周囲の骨が数ミリ吸収されてしまうことがありますが、同社のインプラントはそのような現象がほとんど起こりません。
同社は多くの論文や臨床データに基づいて製品開発を行なっており、そこに15年もの歳月を費やすなど、非常に信頼性の高い製品を生み出しているといえます。

写真
歯科用CT

歯科用CT

安全なインプラント治療を行うためには、顎の骨の厚みや高さなど、現状を詳細に知ることが重要であり、そのため立体的な3D画像データが必要になります。
そこで使用するのが『CT』という装置です。CTとはコンピューター断層撮影(Computed Tomography)の略で、体の断面を断層画像(輪切りの状態)で見られるようにするものです。
従来のレントゲン撮影では平面のみの画像しか得られませんでしたが、CTでは立体的な3D画像データが得られるため、顎の骨の厚みや高さだけでなく、神経や血管の走行位置も確認することができます。
また、CTの3D画像データを最先端のガイドシミュレーションソフトを使って解析し、精度の高い診査診断を可能としています。当院では、最先端の歯科用CTとガイドシミュレーションソフトを併用し、より安全な治療計画をお伝えします

生体情報モニター

生体情報モニター

心電図、血圧、脈拍数、SPO2(酸素飽和度)を測定します。また、RPP(最高血圧×脈拍数)も常時モニターしているため、心臓にかかる負担をチェックできます。観血的処置(出血を伴う処置、抜歯やインプラントの手術)を行う際に術中の全身状態を把握しながら処置が行えます。

写真

費用について

インプラントは健康保険が適用されない自費診療です。手術方法、使用する材料によって費用が異なります。
インプラント治療一式 36万円~

医療費控除について


その年の1月1日から12月31日までの間に、自分や生計をともにする配偶者・親族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。
医療費控除の対象となる金額は、以下の式で計算した金額(最高で200万円)です。
[実際に支払った医療費の合計額-①の金額]- ②の金額
①保険金などで補てんされる金額
②10万円※注:その年の総所得金額等が200万円未満の方は、総所得金額等5%の金額
※詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。