入れ歯について

denture

アイコン

入れ歯のこと

入れ歯にはいろいろな種類があります。
当院では患者さんのご要望とお口の状態に合った入れ歯をご提案します。
お使いの入れ歯が合わない、噛みにくいなどのお悩みがあれば
お気軽にご相談ください。

入れ歯を作るために大切なこと

入れ歯とは、歯を失ってしまった箇所に人工の歯肉と歯を組み合わせたものを入れることで、かみ合わせの改善や歯の審美性を回復させるために使用します。
一本でも歯が残っている場合は「部分入れ歯」、歯が全部失われてしまっている場合には「総入れ歯」と呼びます。入れ歯は、自分で取り外しが出来るので毎日洗って汚れをおとす必要があります。
当院では、患者さん一人ひとりに合った、出来る限り違和感の少ない快適な入れ歯をご提供できるよう力を注いでおります。また現在入れ歯をはめていても、痛い、上手にかめない、話しづらい、はずれやすい等ございましたら、お気軽にご相談ください

入れ歯トイラスト
入れ歯イラスト

カワラダデンチャーシステム

三重県の歯科医師、川原田幸三先生が開発された入れ歯治療のシステムです。患者さん一人ひとりの噛み方に合わせて、細かく調整を繰り返しながら、完全なオーダーメイドの入れ歯を作っていきます。

入れ歯を作る前に精密な検査を行うことはもちろん、できあがった入れ歯にティッシュコンディショナーを敷いて、実際に日常生活で使ってもらうことにより、患者さんの噛み癖や力の入れ具合を見ながら綿密な調整をし、歯ぐきにピッタリと合う安定性の高い入れ歯 を作っていきます。

入れ歯のお手入れについて

1 食後には入れ歯および歯をていねいに清掃しましょう。

2 汚れた入れ歯は、流水下で歯ブラシを使って清掃してから入れ歯洗
浄剤に浸漬するようにしましょう。

お口の中には普段から多くの細菌が存在し、入れ歯と歯ぐきの間は格好の繁殖場所となってしまいます。
また、天然歯と同じように、歯石やプラークも入れ歯につきます。タバコや紅茶、コーヒーの茶渋まで入れ歯の変色の原因になるのです。お口の中で使う入れ歯は乾燥にとても弱く、保管方法を間違えるとひび割れや変形の原因にもなります。
変形すると、快適な装着感が得られなくなるのをはじめ、義歯性口内炎の原因になることもあります

写真

入れ歯の清掃が不充分だと

義歯性口内炎の原因になり、口臭の原因になり、入れ歯に色素沈着や歯石沈着がおこります。又、部分入れ歯の場合、維持装置(クラスプ・バネなど)のかかっている歯や残っている歯がむし歯や歯周病になりやすくなったり、食べカスが残りやすくプラーク(歯垢)がつきやすくなりますので特に注意が必要です。毎食後、入れ歯をはずしてからブラッシングし、清潔な入れ歯を保ちましょう。