医院案内

clinic

当院は1946年、この地で祖父の杉村勝が開業して以来、およそ70年にわたり地域の皆様に歯科医療を提供させて頂いて参りました。
その間、親子三代で通院して下さってる方、祖父の代から通院して下さってる方など多くの皆様に支えられて診療を続けてまいりました。

「歯医者」や「歯科治療」と聞くとどんなことを想像するでしょうか。虫歯で歯が痛い、歯茎が腫れた、詰め物が取れた、入れ歯が合わない等々、何かお口に不具合があったときに行くところというイメージがあるかと思います。
これまでは、悪いところだけ治す、一本の歯を治せばそれでおしまいという「治療」が主体の医療でした。
しかしながら、近年、病気を未然に防ぐ予防医療が提唱され、糖尿病や心臓の病気等を予防するにはお口の健康がとても重要であることが証明されております。
そして、体の病気だけではなく、なんでも良く噛めて、話せることは健康寿命に大きく貢献するとともに、心の健康にも繋がります。
歯科医療は、生きる力を支える生活の医療と言われています。

当院では開業以来、患者様とのコミュニケーションと信頼関係を念頭に予防歯科を中心とした診療を続けて参りました。
患者様に、生涯にわたり噛める喜び、話せる喜びをもって豊かな生活を送っていただくことが私たちの使命だと思っております。

歯科医師 杉村拓三

歯科医師 杉村拓三

経歴

2009年 北海道医療大学歯学部卒業

東京、沖縄、札幌の歯科クリニックに勤務

2018年 杉村歯科医院を継承

学会・研修

・AO Academy of osseointegration
(アメリカ最大のインプラント学会)


・I.O.R. Institute for Oral Reconstruction
(東京のスタディグループ)


・カワラダ歯科・口腔外科 歯科小外科コース修了

アイコン

杉村歯科医院の歴史

1945年

杉村勝が東洋歯科医学専門学校(現日本大学歯学部)卒業。卒業後すぐに徴兵となり戦地へ、終戦を鹿児島で迎える。


1946年

旭川に移住。日新小学校の校医を務めるとともに、旭川市春光に歯科診療所を開設。初代診療所は兵舎を改造したもの。

1979年

杉村潤が現在地から100メートル、国道40号線沿いに杉村歯科クリニックを開設。

1990年

杉村潤が杉村歯科医院を継承。診療所を建替え、設備を一新する。


2018年

杉村拓三が診療所を継承。施設・機器をリニューアル。

初代院長 杉村勝


1985年頃


2016年


2018年

写真
診療科目歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
住所旭川市春光1条9丁目10-16
TEL
0166-51-4488
E-mailtakk@sugimuradental.com
院長杉村拓三
開設1946年

院内のご紹介

写真

待合室

写真

診療室

写真

洗口
コーナー

写真

個室
診療室